セシール - 熊本地震の災害支援募金 アナタのおすすめメニューを投稿しよう!口コミ・ メニューランキング イマージュネット ベルメゾンネット

2017年04月25日

JVCケンウッドの「EXOFIELD」〜リスニングルームのスピーカーで聴いているような音場と定位を再現する〜




JVCケンウッドさんが開発された「EXOFIELD」が体験できるイベントに参加してきました。

ちゃんとした音楽を聞くリスニングルームで音楽を聞いたことがあるとよくわかるのですが

リスニングルームでスピーカで聞くと音の広がりが迫ってくるように感じられますが

ヘッドフォンで音楽を楽しむ場合、どうしても感覚として頭の中で音が鳴っているという

感じがしますよね。。。


exofeld.jpg

今回の「EXOFIELD」はリスニングルームのスピーカーで聴いているような音場と定位をヘッドフォンで

再現するために個人の耳や顔の形状、使用する再生スピーカー、リスニングルームなどの音響特性を測定し、

各ユーザーに最適な信号処理を行うことで、ヘッドホン再生でありながら頭外に定位するだけでなく、

スピーカーリスニングの音場と定位を実現するものです。

s_P1000371.JPG

ビクタースタジオさんでの体験会といことでこんなに大きなスピーカーでの体験となりました。

まず、このスピーカーから音を聞いてみます。

音源はクラッシックにしていただいたのですが音の広がりががあり気持ちよく

感じられます。

ここから測定にはいります。


<耳内音響マイクシステム>
 個人特性の測定のためにMEMSマイクを使用した超小型の「耳内音響マイクシステム」

を新たに開発。超小型のマイクを外耳道の空間に配置することで、頭部や耳の形状だけでなく、

外耳道の音場特性までも正確な測定を可能にします。また、マイク装着時に、耳の形状の

個人差に関わらずマイクの位置を理想的な測定位置に簡単に固定できるようにすることで、

安定した測定と高い測定精度を実現しました。これにより、オープン型ヘッドホンはもちろん、

従来の頭外定位で効果が得にくいとされていた密閉型ヘッドホンでも、自然な音場での

リスニングを実現します。

s_P1000374.JPG

この聴診器のような形をしているのがそのマイクです。

s_P1000365_1.jpg

これをつけてその上からスタジオモニターヘッドフォン「HA-MX100-Z」をしてちょっと

聴覚検査のような音がながれるのですがそれで測定値をとるようです。

人によって耳の形状が違うということは音の聞こえ方も違うということなんですね

測定が終わるといよいよ体験!

まずはヘッドフォンから普通の状態でクラッシクの音源を流してもらいます。

ヘッドフォンのおとは頭の中で聞こえる感じですがEXOFIELDに切り替えると

いきなり音楽がパーーーっとその部屋に広がった感じがしました!

聞こえかたが全く違います!先程のスピーカーで聞いていたかんじです!

新開発の「個人特性生成アルゴリズム」により、各ユーザーに最適な

音響特性を短時間で測定と自動生成することが可能です。

このアルゴリズムにより、リスニングルームなどの測定環境の影響や

ヘッドホンの装着ずれによる頭外定位音場効果のばらつきを最小化させる

ことができるため、測定結果から演算した伝達関数に最適化処理を

行うことで幅広い測定条件等に対応できるそうです。

VRとかと融合させればまるでコンサート会場にいるような体感ができるかも!

s_P1000366.JPG

すごく貴重な体験をさせていただきました。

測定データと「EXOFIELD」処理をスマートフォンアプリケーション等への実装が可能

スマートフォンアプリケーション等への実装が可能で個人特性をインストールすることで、

場所を問わずどこでもヘッドホンで体験できるようになるそうです。

まだ、商品としては開発途中とのことで今後どのような展開になってくれるのか

楽しみな技術です。

この後は、ビクタースタジオ内もご案内いただきました!

続く・・・・

17927-2138-296940

17927-2138-296940
posted by こぐまのももか at 23:37| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
NEC Direct(NECダイレクト)
ビックカメラ.com
banndai