セシール - 熊本地震の災害支援募金 アナタのおすすめメニューを投稿しよう!口コミ・ メニューランキング イマージュネット ベルメゾンネット

2011年12月10日

港七福神めぐりにいってきました!その1〜六本木から〜

このところ毎年恒例となってきました!

七福神めぐり!

何が楽しいってご朱印あつめが楽しいから〜!

ということで今回は昨年さとちんさんに聞いていた

「港七福神めぐり」に挑戦してきました!

まず、集合場所は「六本木」

港七福神というのいは港区の七福神めぐりなんですね〜

七福神を祀る神社、寺院に宝船の巡拝所を加え、6社・2寺で構成されています。

まず最初に訪れたのは

■久國神社(ひさくにじんじゃ)
布袋尊
東京都港区六本木2-1-16   

P1030745.jpg

徳円満の神として信仰が厚い「布袋尊」を祀っています。太田道灌が鎌倉時代の名工久国作の宝剣を寄進したことで、

「久国稲荷大明神」として崇敬されています。

P1030750.jpg

 手水舎です。これってもちろんお清めをするところですがその神社によって味わいがあって

なんかすきなんですよね・・もちろんおきよめします!

P1030752.jpg

こちらが本殿、七福神とうことでご朱印まちの方もちらほら

P1030754.jpg

本殿横のちょうちんおすてき!

P1030748.jpg

おもちをおそなえしてあった石像なんですが頭の部分が龍かぶってるみたいだったので

撮っておきました!

P1030755.jpg

こちらが本殿の中ですね〜

なんか勝海舟の書いたものがあったらしいんですが・・確認できず・・。

あときになったもの・・・・

P1030757.jpg

古い感じの井戸だよね〜しかも家紋いり〜

こちらをあとにして・・・

次の神社へ〜

■天祖神社(てんそじんじゃ)
福禄寿
東京都港区六本木7-7-7

P1030759.jpg4

竜土神明宮 天祖神社」と書かれた大きな石柱

P1030763.jpg

鳥居をくぐって階段を上ると

P1030765.jpg

正面に本殿があります。



P1030770.jpg

右には赤い鳥居が三重にたてられ、お稲荷様が祀られています。

竜土神明宮とは、創建当時、毎夜のように江戸湾から竜が灯明(とうみょう)をあげに飛んで来たという伝説から、

「竜灯(りゅうどう)」に由来するといわれています。

福禄寿像は、境内右手の満福稲荷神社に安置されているそうです。

P1030766.jpg

手水舎こちらのはおおきなしだとかあって雰囲気がすてき・・。

DSC_0649.jpg

こちらであんまりにも干支福鈴がかわいかったのでつい購入・・・

こちらに途中にいろいろ食べものの誘惑を受け・・・

時間も1時ころ・・・次の神社にいったらランチしよ〜

ということになり目標もはっきりしたところで

次いこ〜〜〜!

つぎは六本木ヒルズの前の神社!

■櫻田神社(さくらだじんじゃ)
壽老神
東京都港区西麻布3-2-16   

P1030773.jpg

長寿を授ける「壽老神」を祀った櫻田神社は、1180年頃に霞ヶ関の地に建立されたといわれ、

その後太田道灌が再興し、1624(寛永元)年に現在のところに遷宮しました。

P1030775.jpg

かつては、乃木希典大将や新撰組の沖田総司も参拝したとか



壽老神は、境内の福壽稲荷社に祀られ、1/1〜8日の間、御神様が公開されるそうです!

こちらが本殿です

P1030777.jpg

こちらの神社ではなんと外国の方が七福神のご朱印もらわれてました!

たぶんご近所に住んでいる方だとはおもいますがさすが六本木〜〜!

というこでこの後はかやき坂を下ってランチに向いますです!

つづく・・・








posted by こぐまのももか at 00:48| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
NEC Direct(NECダイレクト)
ビックカメラ.com
banndai
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。