セシール - 熊本地震の災害支援募金 アナタのおすすめメニューを投稿しよう!口コミ・ メニューランキング イマージュネット ベルメゾンネット

2011年03月19日

東北地方太平洋沖地震の日のことを書いておきます!その1 東北地方太平洋沖地震の日のことを書いておきます!その2

 さて、翌日ですが

夜中はずっと余震が続きなかなか寝付けず

うとうと状態だったので11時くらいまで

お世話になってしまいました。

その後バスで渋谷駅まででて

山手線にのり上野駅までは順調だったのですが

そこからが大変でした。

すでにホーム上るために通路に長い列ができていて

いったいどこからならんだらよいのか全くわからない状態!

しかたがないので日比谷線で上野から北千住まででて

そこから常磐線快速にのるために

北千住の駅をでて外までならんでいましたがしかたがなく

ならびました。

結局家に帰るのに4時間もかかってしまいました。

いちおういつ家に戻れるかわからなかったので

弟に家の様子をみにいってもらい

「冷蔵庫があきっぱなしなってたのでしめてきたけど

そのほかはさわってない!」といわれました。

母の連絡さきも確認してもらったんですが

連絡とれなかったそうです。

わたしが家までつくと

家の留守電に「山形の観光バスで東京駅まで送ってもらうことになりました!」

とはいっていたのでとにかく安心しました。

でも電車が動かなくなってバスでおくってもらえるとは

うちの母はなにかもってる?

家の中はまあいろいろ落ちていたのでかえって母が家で居眠りしてなくてよかったかも・・

ただうちは荷物がありすぎるいえなので

かえって食器棚や本棚 などの前にがっつり荷物があったために

1つも倒れてませんでした。

ちょっとたすかったかも・・

食器も割れていたのはご飯茶わん1つ!

食器棚はすべて引き戸だったのがよかったかも

家の中はいまだ放置してるとこもあるんですが・・・

とにかく夜になって母から電話があり駅まで迎えにいきました。

2人そろってようやく一安心。

余震がまだまだつづきますが

自宅でゆっくりすることができました。

今回いろいろとお世話になったみなさま

本当にありがとうございました。

バスの運転手さんにもお礼をいいたいです!

posted by こぐまのももか at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
NEC Direct(NECダイレクト)
ビックカメラ.com
banndai
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。