セシール - 熊本地震の災害支援募金 アナタのおすすめメニューを投稿しよう!口コミ・ メニューランキング イマージュネット ベルメゾンネット

2010年09月19日

ビクターコンパクトコンポーネントDVDシステムEX-AR7 はじめて感じた音のまろやかさは日本の伝統と技さえも盛り込まれていた!

woodcone1.jpg

ビクターコンパクトコンポーネントDVDシステムEX-AR7


のイベントに参加させていただきました。

今回の語り部は

woodcone3.jpg

日本ビクター(株)技術部 開発グループの今村智さん

とりあえず、音をまず聞いてほしいとのことで

環境音楽系を聞かせていただきました。

ウッドコーンではないスピーカーと聴き比べ

ファーストインプレッションは

「まろやかで奥行きのあるここちよい音」

素直に感じた気持ちです。

音をブログで表現するの難しいです。

とくにとてもいいな〜とおもったのは

かきならすギター音!

こう見えてもロック好きなももかはギターの音すきなんですよね・・。

なのでジャズとかのギターも最高に素敵に聞こえました。

さて、ウッドコーンについてですが

woodcone2.jpg


一番左が、加工前のいわゆる木をうすくしたもの

真ん中が普通に加工して割れてしまったもの

一番右が今回使用されているものです!

木を加工するというのはあのぱりぱりしたものそのままプレスしたら~

そりゃ割れますよね

堅いものを柔らかくプレスに耐えられるようにする・・。

そこでのヒントはなんとスルメ!

スルメの酒浸しってご存知ですか?

あのかたーいスルメを一晩日本酒につけるだけで柔らかくなるんです!

それをヒントに実際にやってみたらなんとプレスが成功!

もちろん、根拠を調べる検査もされたそうです。

そうやって苦労されて作りだされてきたウッドコーン

今回さらに進化したんです。

woodcone5.jpgwoodcone5-2.jpg

十字に見える模様があるでしょ

音場の広がりを高めた異方性ウッドコーン振動板。

woodcone5-3.jpg

音の空間が格段に広がった!

woodcone6.jpgwoodcone6-2.jpg
woodcone13.jpg

“木”にこだわりぬいた特製ウッドボイスコイル。

普通は紙やプラスチックをつかわれるボイスコイルですが振動を伝える

入り口となるものもやはり木にこだわりより柔らかくするために

こちらには箱根のお土産寄木細工の技が使われていました!

いろいろな材質の木を組み合わせて薄いペーパーにするために

職人さんをよんで研究されたそうです。

いろいろなこだわりがこの20年の間にいっぱい盛り込まれています。

ビクターさんの理念は

woodcone9.jpg

原音探求だそうでうす。

この原音というはスタジオでアーティストが録音したマスター音


woodcone10.jpg

最終的にはスタジオエンジニアの方に聞いていただいて

調整されたそうです。

ハード制作とソフト制作両者がいるからこそ成り立ち

よりよいものを追求できるんですね。

工夫に工夫をかさねられて

woodcone7.jpg

        ↓

woodcone8.jpg

進化させ続ける。

woodcone11.jpg

本当に木にこだわったというところを見せていTだきました。

woodcone12.jpg

ビクターくんもあまりのいい音色に聞き入ってるみたい!

ただやはりボリュームは22以上で聞いていただないと

このウッドコーンのよさをおもいっきり感じられません。

マンションなどはちょっとつらいかもしれませんね・・・。

ももかの家もふるーい一軒家なので音もれもれですけど・・・。

いい環境で聞ける家にすんでたらぜったいほしいな!

ライブのCDも聞いてみたんですがかなりな臨場感がありました!

このところ車でばっか聞いていたので

静かに落ち着いて音を聞くっていいもんだな・・・

と久々におもってしまいました。

興味を持った方は一度体感してみては?

JVCケンウッド丸ノ内ショールーム(東京都千代田区)


もっとウッドコーンのこと知りたい方はこちら

ビクタージャズCafe

ビクターコンパクトコンポーネントDVDシステムEX-AR7

このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)
posted by こぐまのももか at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 家電いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
NEC Direct(NECダイレクト)
ビックカメラ.com
banndai
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。