セシール - 熊本地震の災害支援募金 アナタのおすすめメニューを投稿しよう!口コミ・ メニューランキング イマージュネット ベルメゾンネット

2009年11月28日

「セコムの食」でお取り寄せ体験してみました!

セコムの食というのご存じでしたか

セコムの食

わたしはいままでしらなかったんですが

sekomu4.jpgsekomu6.jpgsekomu5.jpg

こういったカタログからもNETからも全国各地の

おいしいものがお取り寄せできるんです!

今回、お試しさせていただけることになり

sekomu1.jpg

さっそく、味わってみました!

ももかは週に何回かはおにぎり持参で会社に通ってますので

これはぜひためしてみたかった!

日本初イタリアスローフード協会審査員特別賞を受賞した武富さんが手がけた十五穀米

セコムの食sekomu2.jpg

自身の病気をきっかけに食の重要性を実感、

専業農家に転身した経歴を持つ武富勝彦さん。

平成5年からはその美味しさとうるち米にはない魅力に惹かれ、

古代米の栽培に取り組んでいます。葦などを堆肥とする農法で赤米、

紫米など伝統の古代米を蘇らせたという理由で、2002年度に世界から

5人のみに与えられたスローフード審査員特別賞に日本人として初めて選ばれました。

この十五穀米は、貴重な古代米のほか押麦やあわなどの穀物を武富さんがブレンド。

赤米や紫米などの「米」を多く配合しているので白米に混ぜて炊けばパサつきもなく、

穀物のほのかな甘みが楽しめます。

とサイトには書かれてました!

15穀は

発芽玄米、緑米、紫米、押麦、赤米、胚芽押麦、

丸麦、モチキビ、ヒエ、モチアワ、ハト麦、発芽赤米、

焼き玄米、アマランサス、麻の実ナッツ

※白米1合に対して大さじ1杯以上を入れ、炊飯器でお炊きください

ということでさっそく炊いてみた

ごく普通に白米にまぜて炊いただけです
15kokumai2.jpg15kokumai1.jpg

こういった穀物系って冷えたりすると結構ぱさついて

モサモサしておいしくなくなったりするんですが・・

さっそくおにぎりにしてランチに〜!

15obent1.jpg

ボルダー おにぎりランチボックスにいれてみました!

15obent2.jpg15obent3.jpg

食べてみてもパサつきはいっさいなくかえってしっとり!

堅いところもなくぱくぱくたべられました!

おいしいんです!

おにぎりだと冷えるのでどうなか??とおもってたんですが

ぜんぜん問題ないです!かえってねばりけがあるかんじも

いろいろな穀物がはいることによっていつもよりも

味わいもあっておいしいい!

まさに安心、安全なスローフードです!しかもおいすい!

かなり気に入ってます!

普通なかなかお米とかはお歳暮にもらったりしませんが

この不況のさなか毎日の食にマッチしたお歳暮とかもいいですよね!

こういうのだったらどんどんほしい!

さて、本日のおやつはこれ!

sekomu3.jpg
野菜チップス 400g

まるで野菜をそのまま食べているかのよう。

油っこさがなく野菜の持ち味がそのままに生きています。

その味の秘密は、上質の植物油を使って特殊な減圧機で

揚げている点にあります。80℃程度の温度で揚げることができるため、

野菜の色や栄養を生かすことができるのです。

全部で6種類の野菜が入った野菜チップスは、あっという間になくなるほどの美味しさ。

とサイトにはかかれてました!

さっそく!3時のおやつに試食させていただきました!

yasaicip1.jpgyasaicip2.jpgyasaicip3.jpg

野菜のいろがそのままできれい!

素材は

甘藷、慈姑、南瓜、人参、蓮根、隠元

読める???

最初はさつまいも、クワイ、かぼちゃ、にんじん、れんこん、いんげん

クワイはわからなくてNETでしらべちゃいました!

食べてみるとそんなに脂っこくないのでパクパク!

このクワイがちょーおいしい!

インゲンもさくさく!

とにかく母と二人で1袋あっというまにたべちゃいました!

この味なら野菜があまり好きでないひとでも

食べられるとおもいます!もちろんにんじんきらいなお子さんにも

試してみる価値あり!




わたしも注文してみようかなとおもってます。

養々麺ととろいわしはまた今度ご紹介しますね!

セコムの食_400×125


リンクシェア レビュー・アフィリエイト

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
posted by こぐまのももか at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ&スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
NEC Direct(NECダイレクト)
ビックカメラ.com
banndai
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。